メシヤ講座no.201三重(平成29年12月)

【メシヤ講座 三重】

支部長代理挨拶

月次祭、おめでとうございます。

皆さん、メシヤ講座の資料はお持ちですか?

はい、お願いします。

 

メシヤ講座no.201資料拝読(資料の内容はこちらからご覧ください。「メシヤ講座no.201(平成29年12月)の資料」

 

支部長代理

はい、ありがとうございました。

今回は1年間のまとめの意味がありましたので長くなってしまいました。

メシヤ教に起こった、代表が亡くなられて今までの出来事とですね、あと、御教えの学び、どういう風に進めてきたかという事と、祭典を振返ってという事でまとめをさせてもらったものです。

何が言いたかったかって分りましたかねぇ。長くなるとわからない・・?

項目に沿って話をさせていただきます。

「1 はじめに」のところは、見る以外を意識して感じましょうねと。神様というのを見える人はいいですけど、見えない人は感じましょうということです。

その次に「2 代表の誓詞」ということで平成28年12月23日に『世界救世(メシヤ)教の復興の誓い』という事を代表はされております。突然のように見えますけども、突然じゃなかったのですね。資料に、『世界救世(メシヤ)教復興事業趣意書』があります。世界救世(メシヤ)教復興事業ということを提唱したのが、平成18年ですので、私がメシヤ教に入る前にはもうホームページ上に載っております。私達がメシヤ教に入会するということは、メシヤ教を支えていく。ということで入会してきておりますので、当然この、楳木代表が唱えておられた世界救世(メシヤ)教の復興ということも共々に目指して行くんですよ、という事だったわけですね。代表はうまく話されてましたので、自分達がよく分ってなかったのかも知れませんけども、振返ってみますとそういう事だったということです。どういうことが趣意書に書かれているかと言いますと、ホームページの方をご覧になれば分りますが、大事なところですので読ませていただきますので、聞いていて下さい。

 

世界救世(メシヤ)教復興事業趣意書

1.昭和25年2月4日に開教された「世界救世(メシヤ)教」を復興し、派生した教団を統合し包括被包括の関係を構築し、人々がメシヤ様の恩恵に普遍的に浴することのできる体制をつくる。

 

支部長代理

18年なのでこういう書き方をしておりますが、これからどのような動きが出てくるかわかりませんが、心の繋がりというか、メシヤ様と繋がるということを意識しておいていただければ良いかと思います。

 

1) 教典の編纂を執り行ない、御教えの共有化を計る。

2) 「開教の辞」で示された内容を具現化する。

3) 具体的救済事業を推進する。

2.メシヤ様を教祖と仰ぐ教団が起こす問題への対策を進める。

1) 反社会的行動について是正を促す。

2) 反社会的行動の犠牲となり、被害者となった人々を具体的に救済する。

3) 全教団の情報交換を促進すると共に、本来の宗教活動の在り方を提言する。

3.自然農法の普及を図り、人々の食の安全に寄与する。

1) 自然農法実施者の育成。

2) 自然農法の普及。

3) 生産・流通・販売のシステムを確立しつつ、進捗と共に各教団へ生涯を捧げた人々に寝食の場を生産地で提供する。

宗教組織(教団)とは運営のためにあるのではなく、教えを垂れた教祖の恩恵に与るためにあります。

また、救いを求めた人々に寄り添うためにあります。

そして、お互いに学び合い、それぞれの霊性を高め、人格を磨くためにあります。

さらには、学びが血肉となり知人や周囲に感化を与え、周りの人々が幸せになることへと繋がり、地上天国建設が実現して行くために宗教組織はあるのです。

 

支部長代理

この最後のところが資料の中にも出てきました。楳木代表がこの事業というのを提唱した時に、目指していたことの実現のために、ずっとメシヤ講座を続けてこられたのだということだと思います。時を感じて、メシヤ様の因縁も感じて、この時だということで誓詞をささげられたのが12月23日、それから今度の12月23日で1年経ちますので、代表の思いを受けとめて祭典に臨ませて頂けたらなということです。

「3 メシヤ教混乱」 という事で、昭和の時代には、当然世界救世(メシヤ)教の混乱というのがありました。これは、霊的な話になりますけども、発端というのはメシヤ様が「メシヤ」と呼べと、最高の位になったということで、そう言われたにも拘わらずに、御尊称の取り下げを申し出てしまったということがあります。これは、浄化が厳しくなって耐えられなかったということだと聞いております。

「教団浄化の意義」 そういったところのお話をここに書いてありましたね。代表帰幽ということで、「代表浄化の意義」ということが書かれてまして、代表が亡くなって混乱、で体制整わずということで、これはメシヤ教のことですけども、意義が受けとめれなかったもので体制が整っていかなかったということですけども、代表があまりにも色んな事を一人でやりすぎておられた為に役割分担というのが上手く出来ていかずになかなか教団としてのまとまりが出来てこなかったという事が書いてあります。

「4 想念の向上」の為に我々の体制を作っていきましたよと。そういった中で霊層界というのは何回も学びましたけども、霊層界の意味が分らないと浄化の意味というのも分ってこなかったのでこういう学びをやってます。

「(3)これからの本部祭典」ということで

12月23日 『御降臨祭』

30年2月3日、4日で『節分祭・立春祭』(これは本部であります。)

30年3月3日 『メシヤ降誕本祝典』

をさせていただきます。

「5 まとめ」として、出来ない御用はお与えになりませんので、神様は。一人一人に特徴を持たせてくださっております。使命を与えられておりますので、素直に楽しく自然にですね、御用をさせて頂けたらなと思いますし、御光の恩恵をですね、本部祭典とか月次祭に参拝されることによって、恩恵をいただいていただきたいなと思います。見えないことは信じないというのは、心の岩戸が閉じているんではないでしょうか?という事と、岩戸を開いて感じてみていただきたいなと。未来の為に地上天国建設のお役に立ちたいのです。ということで、メシヤ様に対してですね、どうぞ私の体をお使いくださいと、メシヤ様の御手足、千手観音様の眼となり手とならせていただきますという事を・・これはだから千手観音様に12月23日にですね、まずは祭典にそういった気持ちで臨んでいただきたいという思いの資料となっております。

この資料の中で何か分からない事があれば。

ちょっと長かったので・・・。いいですかね?

今日は後から○○さんに体験談を発表していただこうと思っておりますので、時間を後から頂きたいと思います。

その前に・・この中で相応の理ということの学びがあったわけですけども、御神意を覚れという御教えの中にですね、「本来、人間というものは、神様の御目的たる理想世界を造る役目で生まれたものである以上、その御目的に叶うようにすれば、いつも無病息災愉快に働ける。これが不滅の真理である。」ということがあります。これは『入門と奥座敷』の本に書かれているわけですけども、『神様はお役に立つ人が病気のため働けないとすれば、神様の方では損になるから、速(すみや)かに治して下さるのは当然で、何ら心配はないのである。』という事もここに書かれております。相応の理という意味で話してます。それから、病気とかについて、その罪穢を払拭する為に、子孫の中の一人を選んで浄化にあたらせるとか、例えば、ここに二人の兄弟がいて兄はドラ息子で手がつけられないが、弟は律儀真道であるとすると、兄の方が悪く祖先の名を傷つけるように思いますけども、大乗的に見るとそうじゃないと。祖先の罪穢を消すというところから見ればですね、兄のほうが上になりますので、そういったことで善と悪ということも学びましたけども、人間の考えで善悪は決められるものではないんですよと。それから、これも相応の理の中でですね、例えば、人間の眼を誤魔化す罪は眼の病気になる。耳に痛いような言葉の罪は耳の痛みや舌の病になってくる。人の頭を痛めるような行為は頭痛とか、自己の利益のみに腕を奮う罪は腕の痛みというように総て相応の理によって浄化が行われると。浄化の意義ですけども、そういったことが言われております。信仰の浅い人はついつい迷いがおきてしまいますけども、この時が肝心で、この理は何かというと、神様はその人の熱心に対して早くご利益を下されようとするけども、まだ穢れがあるから浄めなければならないので、入れ物の掃除としての浄化を頂きます。。その場合少しも迷わず辛抱さえすれば、それが済むや思いもかけないほどの結構なお陰をいただけるものですよ。と、これが、相応の理ということです。

骨子のほうは読まれた方はおられますか?

骨子、結構長いですので内容は難しいかと思いますけども・・・。

一人一人が総括しましょうよという話、繰り返しになりますけども。

それと因縁についてですね。あの、現実に現れている、全て過去の自分がやってきた結果、善行の極致は最高の神様とのかかわりでありますよ。といったことが書かれてあります。これも霊界・・・・・・・先程の話で代表との宿命を感じましょうよ。という話がでております。

復興というのは、ちょっとよく意味合いが分からないかと思いますけども、昭和29年メシヤ様が最高の位についたという事で最高の言葉、最高の扱いをしなさいという風に言われております。浄化が厳しくなったのですね、で、「明主様」に戻してしまった。これが岩戸隠れであろうと。で、メシヤ様の御神格を認識出来なかった事が原因ですので「メシヤ様」と呼べず、「明主様」に戻してしまったということが原因だと、骨子の方にあります。復興させるにはどうしたらいいかということで、メシヤ様と認識できる人を集めて、メシヤ様と御尊称する集団ですよね、メシヤ教の方ではメシヤ様という風に始めから御呼び申し上げておりますので、そういう認識できた人を集めましょうと、それで復興の核となる力を頂いていきましょう。という事で、地上天国建設の使命なんですね、こういう話は。で、目覚めさせましょうという事で、目覚めた人はお詫び、いつもお詫びが根本にくるわけですけども、お詫びしてメシヤ様を世にお出しする。世にお出しするということはどういうことかとよく分からないと思いますけども、メシヤ様はおられるわけですから、だから、先程から感じるとか、そういう神様とは感じるものだというお話をさせていただいておりますけども、メシヤ様と呼ばせていただいて感じることによってですね、現れておられる事を人間側が受けとめられるかどうかという話になってきますので、そういった意味ですね、今まで、この前から学んできましたけど、祭典において意義付けという事と、どういう神様をお迎えさせていただくのか。どういう働きの神様をお迎えさせていただくのか、ということに、皆で話し合ってですね、それで御神名を唱えて参りました。こういうことをするのはメシヤ教だけかなと思います。まず、6月15日には仮祝典、昭和の時代に仮祝典があった、それをこの平成の時代にもう一度やり直しという意味も込めてですね、天照皇大御神様をお迎えさせていただきました。これは、日の神様ということで。続いてですね10月の26日、北海道の定山渓においてですね、伊都能売大御神様。伊都能売観音様を代表は平成11年からお参りされていました。伊都能売観音様がこの今の時期に伊都能売大御神様にご出世あそばされるという意味合いをこめて、それは日月の神様ですね。日と月の神様、伊都能売、伊都能売大御神様は日と月の神様ですので、メシヤ様であるわけですけども、「伊都能売神ことメシヤでありけれ」との霊示もありまして、伊都能売神皇様をお迎えさせていただいたと、御現れになることで、次はどうかということですけども、日の神様で日、日と月の神様、日月地・・日、月、地、・・みろく、善言讃詞とかでも・・・・・・光明如来というのは日月ですね。日と月ですね。光明如来はね。で、日月地ですからみろく大御神様かみろくの働きを持ったメシヤ様、そういったことになろうかと思いますけども、その辺を、どういう神様をお迎えするのか、どういう働きの神様をお迎えするのかということを意識して祭典に臨んで欲しいなと。その意義付けというのは話し合った意義付け、どういう御神名でという話はですね、祭典の直前にはなりますけども、意義の資料を祭典の時にお渡しするようにしますので、早めに祭典に行っていただいてそれを読んでもらえればいいかなと思いますし、それまでに自分達の意識を高めてどういう神様をお迎えするのかということをですね、想念を整えて行っていただければいいかと思います。

自分達一人一人が持っている使命を悔いなく果たせる為にメシヤ様にお誓いする日なのです。この12月23日はね。一人一人が誓う日なのですよと。昭和と平成が繋がっておりますよということです。昭和の12月23日は千手観音様、千手観音様というのは何回か出てきますけども千の手を持ってということで、それぞれが、皆さんがですね、一人一人がそういうメシヤ様の御手足となる働きをしていけたらいいんじゃないかと思います。

質問がなければ体験発表していただこうかな。

 

○○さん体験発表

発表させていただきます。

平成19年8月21日Hさん宅へ伺いました。その朝、Hさんは御教えの霊界の所を読もうと開くと、落ち葉の栞がぱらっと落ちたのです。その落ち葉の栞に金粉が付いているのを見つけると同時に、私の夫の思いが「誠一杯ありがとう」と閃いたそうです。

栞を見せていただくと、葉っぱに金粉がびっしりだよと思わずHさんに言いました。それは生前Hさんと接する一つ一つ全てに愛と誠を頂いたという感謝の夫の誠心で思い出の葉っぱが金粉で一杯になりました。この現象は生前の夫と住んでいた家に週に一度2年間浄霊訪問していただいた帰りに、紅葉の中、我が家のすぐそばで真っ赤な落ち葉を拾って、それを御教えに栞として挟んであったものでした。

夫は岐阜県の聖職者の次男で愛知の公務員でN教会で知り合いました。過酷な仕事で体調が一変し、肝臓の悪性腫瘍や貧血でしたが、〇〇〇〇で御守護を三度いただき、四度目はHさんに御浄霊をいただいて、元気にならせていただきました。家族そろって岐阜県のチュウリップの綺麗な公園に出掛ける事が出来、娘を肩車してくれた事が思い出になりました。Hさんに御浄霊をいただける事を楽しみにしておりましたので、時折、夕食後にも家族で伺わせて頂きました。「まず、お一人でよろしいですからどなたか職場の方に御浄霊をさせていただいて下さいね。」とHさんが伝えたのでしたが、即、「いえ、出来ません。」と答えていました。五度目、間もなくして体調を崩しHさんに御浄霊訪問のお願いをしたら「間に合うかもね。」との言葉でしたが、来て下さったのです。上からも下からも赤い血ではなくただひたすら黒いものを出し切って神定めで平成16年5月31日に亡くなりました。

Hさんはそれまでも1時間に1本のバスに乗って夫の口にしやすい色々な食べ物を沢山持って、最後から2日目の夜には泊りがけでメシヤ様の御光をHさんに御取り次ぎいただいて徹底して御浄めいただきました。壮絶な最後でしたが、人間を越えた観音様のような笑顔で、正に天国が許されて大感激で一瞬キラキラと目が輝いて頬がピンク色で生きているかのようでした。メシヤ様、夫が天国人にならせて頂いて誠にありがとうございました。

終わらせていただきます。

 

支部長代理

ありがとうございました。

貴重な体験発表だったと思います。

霊界とのかかわりということだったですね。非常にこれからですね、出てきますし、今もものすごく、私も先程から楳木代表と話の中で、霊界ということ。霊層界の御教えを学んでいる上においてですね、霊界でのかかわりということを、非常に感じているところでございまして。先程出てきました、ここ(支部御神前の奥)にメシヤ様、(手前に)楳木代表という風に現れたのを見たというのは家内の話ですし、それから青色の三角形(メシヤ講座no.201の資料に書かれている内容)というのは、以前ある人がここで楳木代表が居られる時に見られたということで、それが非常に自分の心に残っていたわけなんです。そういった中、教団浄化で色々あった時にですね、自分も霊界からのメッセージ、神界からのメッセージをそのまま推進していって皆を引っ張っていく上においてこれでいいんだろうかと思ってたときに、こちらへ来てくれた人が居りまして、夜中まで話をしていて(青色の三角形の話もして)、外を見上げた時に青色の三角形が見えて。周りが曇で何も無かったときに、さっき話した三角形の話が・・まさしく天に3つ、三角形になってるねと。以前の話と繋がったわけなんです。

そうこうする内に神界とのかかわりあいで、御教えの学び方についても順番とかを指導いただいたり、することがあったものですから、ものすごく神界、霊界とのかかわりというのをですね、感じるようになって、一緒に共同で進めていかないといけないと、強く感じております。そういった意味でこれから霊界、当然、先祖供養とかそういったことが大切になってくるかと思いますし、三界浄霊(支部に掛けられている御額を見ながら)と書いてありますけども、神・幽・現の三界共同の作業で進めていかなくてはいけないという御神業、それが世界救世(メシヤ)教を復興していく上においてはですね、必要かとは思いますので、この12月23日にはですね、皆さんそういった想念を高めていただいて参拝していただければ有難いと思います。

それでは、時間になりましたので終わらせていただきます。

 

[メシヤ講座no.201 三重 2018(平成29)年12月8日]

この投稿へのお問合せ

Print Friendly, PDF & Email